レイク以外にも複数同時審査をすると落ちやすい!

レイク以外にも複数の業者に対して借り入れの申し込みを同時にすると審査に落ちやすいと言われていますが、これにはしっかりとした理由があります。
カードローンや銀行のローンを利用する方の中には1社に対して高額な借り入れをするのが難しい、収入証明書の提出をしたくないといった考えで少額にして同時に複数申し込む方もいるみたいですが、こういった方法は審査に落ちやすいと言えるでしょう。

 

何故落ちやすいかと言いますと、多くの金融機関が情報を共有している場所が同じになるからです。
レイクでも借り入れの審査を行う時に個人の信用情報を機関に問い合わせを行い、過去の履歴や金融事故や申し込み状況を調べることになります。
この時に複数申し込みをしていることが分かれば、たくさんの所から借りてどうするのだろうかと考えて、借り逃げするのでは、お金に困っているのでは、返済できないのではといったようなネガティブなイメージを与えてしまいます。
お金の貸し借りは業者に関わらず信用が第一になりますので少しでも怪しまれる時点で落ちる可能性が高くなるのです。
複数に申し込むことによって絶対に落ちるとは言いませんが、落ちる可能性はかなり高くなることを覚えておいた方が良いでしょう。

 

また同時ではなく少し時間を空けただけでも過去の履歴は見られていますので結果的には変わりありません。
最低でも数か月の期間を空けておくことは必要になりますので、できるだけこのようなことはしないようにしてください。
無駄に信用情報を傷つけてしまったり、ネガティブなイメージを植え付けてしまったりするだけであまり良いことはありません。

 

そもそも借り入れは自身の収入金額に対して決まりますので、1社に申し込もうと数社に申し込んでも金額は変わりありませんし、それぞれに契約すると面倒なだけではなく手数料や金利といった問題も発生しますのでレイクだけ契約する方が良いのではないでしょうか。

 

このように複数に申し込むこと自体は問題はなく、ただ審査に落ちやすくなるだけになります。
落ちやすくなってしまい情報が残っている状態を申し込みブラックと言われることが多々あり、申し込みブラックになると半年は審査に通らないと考えておいた方が良いかもしれません。
それでも繰り返し申し込むとブラック期間が延長されてしまいますので、本当は借り入れが可能なのにできないといったことになることもありえるのです。
消費者金融での借り入れの場合の総量規制を回避するために申し込みブラックというものが存在しますので、その点を理解してお金の借り入れを行ってください。