お金に困った時に頼りになるのはキャッシングサービス

キャッシングサービス

今までキャッシングサービスに助けられたことが何度もあります。

 

キャッシングサービスって、信販会社や消費者金融会社がクレジット-カードを使って行う無担保・無保証の小口の融資です。

 

お金に困った時には金融機関に行って、申込みをして、審査をしてもらって、借入をするという流れになりますが、キャッシングサービスなら一度借入枠を設定しておけば、限度額までならいつでも自由に出し入れすることができるんです。

 

キャッシングサービス

もちろんキャッシングサービスも借入ですから、そのままにしていれば利息がかさんでしまいますが、自分で返済できる程度で使うのには、大変便利なんですよね。僕も急な出費の時などには一時的に利用することがけっこうあります。

 

今では当日審査をしてくれるキャッシングサービス会社も多くなっていますから、キャッシングカードを持っていなくても大丈夫です。ネットを使って申込みをするのが早く結果が分かっていいですよ。

 

プロミスのように、30日間無利息でキャッシングをご利用いただけるサービスもありますから、助かりますよね。オススメのキャッシングサービスはこちらです。

おすすめのキャッシングサービスはこちらです!

とにかく今日中に、何らかの方法でお金を“用意”しなくてはならない…。
親族や友人、カード会社から借り入れするのでもいい。方法は何でもいい。とにかく今日中にまとまったお金が必要なんです…泣。
こんな、ちょ?キワキワの状況を経験した事のある人もいるかと思います。
えっ?ないって???

 

でも、もしこんな状況に陥ったら、あなたならどうします?

 

そんな切羽詰った状況の時こそオススメなのが、大手のカード会社からのキャッシングによる借り入れです。最近では、14時までに申込みすれば、店頭に出向かなくても自分の銀行に振り込んでもらうことも可能ですし、最短30分で即融資!なんて歌い文句の会社も多く存在します。
でも、実際のところどうなんでしょう?
まずは大手5社の特徴を紹介しつつ、実際に借り入れする場合について、どこで借り入れするのがベストなのか?について考えていくことにしましょう。

 

 

新生銀行カードローン レイク
「新生銀行カードローン レイク」は、その名のとおり新生銀行を母体としたカードローン。かつて消費者金融であったレイクが、2011年に経営基盤をすべて新生銀行に譲渡し、消費者金融から銀行カードローンへと変貌を遂げました。カード会社からの借り入れに対して少し抵抗がある人からすると、これはちょっとした安心材料ですね。
利用条件は、満20歳以上70歳以下。安定した収入があれば、パートやアルバイト、自営業、学生、年金生活者、外国人(永住権を持つ人)でも申込みが可能のようです。
細かい借り入れ条件は次のような感じです。

 

金利:4.5%〜18.0%(実質年率)
限度額:1万円〜500万円
融資までの期間:即時審査。最短40分融資! これはポイント高いですね。

 

また、レイクでは2つの無利息期間サービスから選べるようです。即時審査、即日振込もPC、スマホからの申し込みが可能で来店不要。申し込み→借り入れ→返済までもが完結できます。また、セブンイレブンなどに併設されているセブン銀行など提携ATMの利用で手数料無料(!)。これは素敵!

 

 

プロミス
三井住友フィナンシャルグループの子会社で、SMBCコンシューマーファイナンスが営業するプロミス。こちらは、架空のフォークデュオ『プロミス』のCMでもおなじみですよね。そして借り入れする場合のメリットとしては、三井住友銀行のローン契約機を使えることなどが挙げられます。プロミスの利用条件は、20〜69歳、安定した収入があること。職業や年収などの制限はありません。
細かい借り入れ条件は次のような感じです。

 

金利:4.5〜17.8%
限度額:1万円〜500万円
融資までの期間:最短30分審査。最短1時間融資

 

プロミスの最大の魅力は、初回、契約日から30日間無利息という点でしょうか。もちろん借り入れする際は、インターネット上で申し込みから返済が完結できます。また、三井住友銀行、ジャパンネット銀行の口座で最短10秒振り込み可能。これは今すぐ借り入れしたい人にとっては朗報ですよね。

 

 

アコム
大手消費者金融として、1978年から営業しているアコムですが、2008年に三菱UFJフィナンシャル・グループの子会社になったのはCMなどで放映している通りです。借り入れの申し込み資格は、20歳以上で安定した収入があること。派遣社員やアルバイトも申し込み可能です。
細かい借り入れ条件は次のような感じです。

 

金利:4.7〜18.0%
限度額:1万円〜500万円
融資までの期間:最短30分審査。最短1時間融資。

 

アコムの最大の魅力もプロミス同様、初回利用時、契約日から最大30日間金利がゼロということでしょう。借り入れする際も、インターネット上で申し込みや実際のキャッシング、そして返済が完結できます。また他にも、楽天銀行で24時間振込み融資が可能。インターネットをよく使っていて、楽天銀行の口座がある人にはいいかも…。

 

 

モビット
モビットは、三井住友銀行グループの傘下にある消費者金融です。借り入れ資格は、20歳以上69歳以下で安定収入があること。パート・アルバイト、派遣社員、自営業でもOKですが、収入のない専業主婦や年金生活者の申込みは受け付けていないようです…。
細かい借り入れ条件は次のような感じです。

 

金利:3.0〜18.0%
限度額:1万円〜800万円
融資までの期間:最短30分審査。即日融資。

 

モビットは、ホームページやローン申し込み機からで、10秒で簡易審査結果を表示してくれます。この10秒という数字は魅力的ですが、その他のカード会社の場合も、10秒ではありませんが、スピード審査をしているのは前述の通りなので、さほど突出したものではありません。こちらも、インターネット完結の申し込みで、来店不要、電話や郵便物もありません。

 

 

アイフル
独立系消費者金融として長年、営業を続けているのがアイフルです。貸金業法改正以降、2009年に事業再生ADRを申請した後、グループ再編などを経て現在も独立系のまま営業しています。借り入れ条件は、20歳以上70歳未満で定期収入があること。パート・アルバイト、学生も申し込み可能。自身に収入のない専業主婦は対象外のようです。
細かい借り入れ条件は次のような感じです。

 

金利:4.5〜18.0%
限度額:500万円
融資までの期間:最短30分審査。即日融資。

 

アイフルも他社と同様、初回30日間無利息を行っています。また、以前アイフルで借り入れしたことのある人が対象の低金利プラン「おまとめMAX」や、女性専用ダイヤルが設けられていたりします。

 

 

さて、大手5社で借り入れした場合の契約内容やサービスを比較してみましたが、率直な感想は、ここで挙げたカード会社ならどれを選択してもさほど大差はないということ。正直、どこを選んでも問題ないのではないでしょうか。でもこれは逆に言えば、各社のサービス合戦は一応沈静化した証拠で、借り入れできる枠の増額キャンペーンといった具合に、新規会員はもちろん既存会員へのサービスにも力を入れているのかもしれません。

キャッシングサービス・・・やっぱり使い過ぎには注意!

キャッシングサービス

とっても便利なキャッシングサービスですけど、やっぱり使い過ぎには注意ですね。最初は審査をしますけど、その後キャッシングサービスを使う場合は、何も審査がないですからね。月々の返済をしていれば、限度額まで使えちゃいますからね。

 

 

便利にキャッシングできるといっても、お金が足りなくて借入をしているわけですから、それを忘れないようにしないといけないですね。しっかりと利息がかかっていますからね。

 

 

複数のキャッシングサービスを利用しようと思うと、審査が通らないこともあります。一つ、二つ申込みをすれば充分ですから、必要以上にキャッシングカードを作らないようにしたいですね。僕は勢いでキャッシングをしないように、普段持ち歩かないように注意しています。

即日融資OKのキャッシングサービスのメリット&デメリットを整理

最近のキャッシングサービスでは、即日融資というのは当たり前という状況になってきています。即日融資をしないというキャッシングサービスは魅力のない商品とみられてしまいます。それどころか、web利用での契約、審査時間も30~40分、無利息サービス期間の設定、24時間出し入れ自由等々のサービスが提供されています。

 

即日融資のメリットとして考えられるのは、まず審査時間が短縮されたということです。以前、銀行でローンを利用しようとすると1~2週間は審査にかかるのが常識でしたが、最近のキャッシングサービスの審査時間は30~40分です。最早以前と比べると異次元の速さです。申し込み手続きも簡単なため、申込みから契約まで1時間前後で融資を受けることができます。急にお金が必要になった場合には、これほどありがたいサービスはないわけです。また、最近では、指定銀行でインターネットバンキングを利用していると24時間365日振込サービスを提供している業者もあります。自宅パソコンからwebで申し込んだ場合でも振込サービスを受けることで当日中に融資を受けることが可能なのです。

 

このように至れり尽くせりのサービスなのですが、物事にはすべて表裏があるようにメリットがあれば必ずデメリットもあります。即日融資のデメリットとしてはどのようなことが考えられるでしょうか。まず考えられるのは、即日にすべてを押し込んでしまうことによるキャッシング業者としてのリスクの増大で、この分が金利に乗せられることになり高金利商品が増えるということになります。つまり、貸し倒れリスクが増加するため金利を上昇させるのです。以前のグレーゾーン時代と比べると金利は下がったと言いますが、マイナス金利時代に15%とか18%などというのは大変な高金利と言えます。

 

さらに、利便性の高さが借りやすさに繋がってしまいます。具体的には、審査が短縮化、簡素化されたことで、これまでだと借りられないはずの人でも借りやすくなったり、以前であれば親や友人に頭を下げて無利息のお金を借りるところが、あまりに便利なためにキャッシングサービスを利用してしまうということもあり得ます。忘れてはいけないのは、キャッシング利用者による多重債務者や自己破産者が増えているということです。
このように即日融資という大変便利なサービスには、利用者の使い方次第でメリットになることもありますが、逆にデメリットとなってしまうこともあるのです。

即日審査キャッシングサービスの利用方法

急な予定や緊急事態の時など、持ち合わせが十分でなければ安心して対応することが出来ないこともしばしばです。日頃からしっかりと貯金をしている人であれば、急な出費に対しても問題なく対応することが出来るのですが、場合によっては貯金額以上の出費が必要になってしまうことも考えられるので「保険的対応策」を準備しておくことは非常におすすめです。

 

その方法の一つと言えるのが「カードローン・キャッシング」です。呼び方は違いますが、現状ではこれらを明確に区別して使っているところはほとんど無い為、あまり気にせずに選んでしまっても大丈夫です。ただ、場合によっては正確な意味で名称を使用していることもあるので、最低限度の違いくらいは覚えておいても良いでしょう。

 

カードローンの最も大きな特徴としては「即日審査・即日融資が利用出来る」と言う点でしょう。銀行からお金を借りるとなると、審査申込みや審査に数日〜数週間程度かかってしまうことが多く、緊急事態に対応できない可能性が高くなります。利用環境(返済時の負担など)では消費者金融などと比べると非常に優遇されていますが、その代わりに審査の基準は格段に高く設定されています。「今すぐにお金が欲しい」という事であれば、即日融資が可能なカードローンを利用すると良いでしょう。

 

即日融資対応のカードローンは、消費者金融と銀行どちらも取り扱っています。銀行に関しては取り扱いが無いこともありますが、最近では多くの銀行が「フリーローン」などの名称で即日融資に対応しているカードローンを取り扱っています。やはり審査のハードルは高くなるものの、通常の銀行ローン(目的ローン)よりは低く設定されていて、消費者金融よりも条件が良いことが多いので第一候補として考えても良いでしょう。

 

具体的な利用方法は各カードローン会社ごとに若干の違いがある為、専用WEBサイトなどをしっかりと確認することが大切です。大まかな方法としては、パソコンやスマートフォンなどからネット申し込み、もしくは電話で申し込むという方法が良く利用されています。店舗(窓口・自動契約機など)での申し込みも可能ですが、消費者金融の場合は人目が気になる人が多く居ます。

 

申込みをすると審査が行われ、結果次第では契約となります。融資は銀行振込みか専用ATMから出金する方法などがありますが、銀行カードローンを利用する場合は振り込みでの対応が多くなります。

給料日前のキャッシングサービスは即日・無利息がオススメ

キャッシングを利用するとき、借入先の候補は銀行、消費者金融、信販会社などがあります。このうち、最も簡単な利用方法は、クレジットカードをすでに持っている人ならクレジットカードについているキャッシング枠を使って借りるという方法でしょう。しかし、クレジットカードはショッピング目的で作るものであり、キャッシング枠はおまけのようなものなので、あまりサービスは充実しておらず、おすすめはできません。

 

そこで、候補を銀行と消費者金融に限ります。普通に考えれば、金利が低い銀行カードローンのほうがよさそうです。しかし、給料日前に給料の前借りをする感覚で借りるのなら、消費者金融のほうがおすすめです。

 

例えば、給料日の5日前に20万円を借りて給料が出たらすぐに返済してしまうケースで考えてみます。20万円を金利18%で1ヶ月借りた場合の利息は3000円ですから、日割り計算をすると1日あたり100円の利息がかかるので、5日なら500円の利息がかかることになります。もしも金利14%の銀行カードローンで借りた場合なら、同様に計算して、およそ390円の利息がかかります。

 

このように、給料日前に借りて、給料が出たらすぐに返済してしまうのであれば、金利18%で借りても金利14%で借りても大きな差はつきません。20万円を借りるケースで計算してみましたが、借りる金額が10万円であれば、半分の55円の差しかつきません。もしも消費者金融ではATM手数料がかからず、銀行では108円がかかるのだとしたら、むしろ消費者金融で借りたほうが得をするということになりますね。

 

また、消費者金融の中には30日間無利息とか、1週間何度でも無利息というサービスをやっているところもあります。1回だけ借りるのであれば、30日間無利息サービスをやっている消費者金融で借りれば利息はいっさいかかりません。給料日前に何度も借りる予定なのであれば、1週間なんどでも無利息というサービスがある消費者金融がよいでしょう。

 

前述したように、20万円を5日借りただけなら金利18%でも500円の利息しかかかりませんので、あまり無利息サービスにこだわる必要もないかもしれません。しかし、40万円を20日間借りた場合にはその8倍の4000円の利息がかかるので、それなりの金額を節約できることになります。ケースバイケースですのでそれぞれのケースで計算してみましょう。

 

以上の考察から、消費者金融にメリットがあるということになりますが、銀行でも同じようなサービスをやっているところはあるので、銀行と消費者金融の両方から探してみることがおすすめです。